ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

「年間30着で着まわす」をやめます。ライフスタイルに合わせたワードローブ作り。

20160415071151

「年間30着で着まわす」暮らしをやめます。

 

年間で着る服の数を決めてしまえば、余計な服を買わなくなるし、楽だろうと思って、年間30着で着まわす暮らしを始めたのですが、やめることにしました。

 

最初は、うまくいきそうだなと思ってルンルンだったのですが、持っている服が似合わなくなってしまったので、さっそく行き詰っています。

 

30着のうちワンピースをメインにコーディネートを考えていたので、ワンピースは6着と割合は多め。でも、そのワンピースが近頃似合わない気がしています。

最近ワンピースが似合わない気がするという現象。いったい何を着たらいいんだろう? - ひつじ日和

 

今は、ワンピースよりもパンツスタイルが似合っている感じです。

そうなると、もう少しボトムスの数を増やしたり、ボトムスに合うトップスを増やしたくなりますが、それでは30着を超えてしまうので、もやもやしてました。

 

ワンピースをすべて処分してしまえばいいわけですが、それもちょっともったいない感じ。なら、ワンピースを処分せずに、ボトムスやトップスを買い足せばいい!と、年間30着で着まわす暮らしはあっというまに崩壊することに・・・。

 

ライフスタイルや年を取るにつれて似合うものや必要な服は変わるので、年間30着で着まわすと無理に決めてしまわないほうが自分には合っているのかもしれません。

 

今は、ワンピースが似合わないと思っているのでほとんど着ていないのですが、もし1年後も似合わないようなら処分しようと思います。

それまでは、クローゼットの隅に置いて、存在は忘れないようにしようと思います。

 

服はクローゼットがギュウギュウにならない程度なら、何着と数を決めずに持ってもいいことにしたほうが、精神的に楽かもしれません。

 

自分のスタイルが決まっている人なら、「何着だけもつ」と決めるのは管理もしやすいので良いと思うのですが、私ときたら飽きっぽいし、スタイルが決まっているわけではないので、その時その時に合わせて、クローゼットを整理していこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

毛穴の黒ずみゼロへ

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

ヨレヨレの高い服より、パリッとしたリーズナブルな服の方が印象が良い理由。 - ひつじ日和

普段使っているバッグはリュック1つだけ。お気に入りを見つければ、バッグは1つでもいいかもしれない。 - ひつじ日和

消耗品にお金はかけない。100円ショップでおすすめの商品。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク