ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。

歯を大切にするなら、歯磨きだけなく、フロスも必要です。

20160301150032

4カ月ぶりに歯科検診に行ってきました。

 

以前、親知らずを2本抜歯することになってからというもの、こまめに歯科検診に通っています。

 

最近通っている歯医者さんはかなり丁寧で、ブラッシングの方法やフロスの使い方など説明してくれます。そこで教えてもらったのが、フロスの大切さ。

 

通常の歯磨きだけでは、歯垢は取り切れていないので、毎日のフロスが重要だと聞いてからは、毎日せっせと歯磨き後にフロスをしてます。

 

「糸ようじ」などでなく、フロスを使うのがポイントです。

糸ようじだと直線でしか歯の汚れは取れませんが、フロスなら自分の指に巻きつけて歯の根元や歯の周りの汚れも取ることができるので、フロスのほうがいいです。

 

正直、慣れるまではフロスって面倒です。

力の加減が分からなくて歯茎から血が出てしまったりするのですが、ちょっとくらい血が出ても問題ないので、練習あるのみです。

 

私もフロスを始めたころは面倒で、何度も心が折れそうになったのですが、年をとっても自分の歯で食べたい!という思いと、これ以上歯を抜きたくないという思いが強く、とにかく毎日フロスを頑張りました。

 

これって、掃除を習慣化するときと同じですね。イヤイヤでも毎日やっていると、自然と習慣になっていくんです。フロスも1カ月くらい毎日続けていたら、やるのが当たり前の状態になりました。

 

フロスをすると、しないとでは歯のツルツル感も違うし、確実に歯垢が付きにくくなります。歯垢が付きにくくなるので、歯科検診でも歯垢除去が全く痛くなくなりました。

 

以前は、フロスをしていなかったのですぐに歯垢がついて、固まってしまった歯垢を除去するとき痛くて、歯のクリーニングってすごく嫌いだったのですが、今はへっちゃらです^^

 

日々の歯のケアとしては、

・電動歯ブラシで歯磨き

・フロスで汚れを取る

・1カ月に1回着色汚れを取る

という感じです。

 

着色汚れは、ポリリンキューブ で月に1回汚れを取って、日々の歯磨きは研磨剤などが入っていないコンクール ジェルコートF 90g で歯磨きしてます。

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

毛穴の黒ずみゼロへ

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

数年ぶりにマッサージに行って感動!プロに体をほぐしてもらったら体が楽になりました。 - ひつじ日和

すっきりした暮らしを保つために毎日やっている6つの習慣。 - ひつじ日和

話題の「ハトムギ化粧水」のレビューと活用方法を詳しくご紹介。スキンケア、ボディケア、ヘアケアと大活躍中! - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク