ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

年間30着で着まわすと決めたら、服で悩まなくなって楽になりました。

20151220133842

年間30着の服で着まわすと決めたら、すごく楽になりました。

 

もともと服の数は少なくて、毎日着る服にはそれほど悩んでいなかったのですが、季節ごとに服で悩んでいました。

 

春が終わるころには、夏は何を着ようと悩んで、いろいろいらない服まで買ってしまったり。リサイクルショップでなんとなく服を買ってしまって、なんとなーく服が増えていったり^^;

 

それで、「年間を通して30着を着まわす」と決めて、1年を通したコーディネートを考えて、それに合わせた服を買い足したら、もうこれ以上服はいらないなという状況になりました。

1年を通して必要な服の数は?自分に必要な服の数を考えてみました。 - ひつじ日和

「欲しい服リスト」のメリット。着ない服を増やさないために、欲しい服リストを作る。 - ひつじ日和

 

クローゼットの中は、急にどの季節が来てもいいようになっています。

服って季節ごとにあれこれ欲しくなってしまうのですが、ある程度、1年間のコーディネートを決めてしまえば、無駄に服が増えることもなくなるし、季節ごとに服で悩むこともなくなります。

 

私にとっては30着がちょうどいい数のようです。

ハイキングなどに使う趣味の服も入っているので、この数がベスト。

実際は30着じゃなくて、28着なのですが、30着までは増やしていいと思っているので、その辺はゆるく決めておきます。

 

30着もあれば、服も消耗も早くはないと思うので、頻繁に買い替えは必要ないかもしれません。30着を着まわすとどのくらいで買い替える必要があるのかは、まだ実験中です。

 

数を決めると、管理が楽。

 

「30着」と決めてしまえばその中でどうにかコーディネートしようと考えるし、これ以上は増やさないようにしようという気持ちも働きます。

 

服が増えて困る!という方は、持つ服の数を決めてしまうと服が増えすぎることを防止できると思います^^

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

毛穴の黒ずみゼロへ

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

GUで買った服と小物を公開。これで今年の洋服の買い物は終わりかも? - ひつじ日和

理想のワードローブを目指して。GUで買うものリスト(バッグ、靴編)。 - ひつじ日和

GUの服はシンプルで使いやすい。GUで買うモノ計画(パーカ・カーディガン編)。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク