ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

1年を通して必要な服の数は?自分に必要な服の数を考えてみました。

20160209122423

1年を通して、自分に必要な服の数を考えてみました。

 

必要な服のテイストや数はライフスタイルによって変わってくると思います。

私は、自宅で仕事をしているので「仕事用の服」というものがありません。

なので、持っている服すべてが普段着&仕事着という感じです。

 

仕事関係の人と会う用事もほとんどないので、かっちりした服は持っていません。

持っている服はほぼカジュアルなテイストで、「リラックス&さわやか」を目標に服をコーディネートしたいと思っています。

 

服はたくさんありすぎると服選びが大変になるので、そこまで量は多くなく、でも服の定番化や制服化はあきるのでやらない予定です。

 

管理が面倒な数でなく、コーディネートもあれこれ楽しむことができる服の数はどのくらいだろう?と考えてみたら、1年を通して30着あれば、春から冬まで飽きず楽しめそうな気がします^^

30着の中にはインナー(ペチコートとかも)や冠婚葬祭用の服、部屋着は含みません。

 

冬にしか着られない服、夏にしか着られない服を避けると、いろいろと楽しめそうです。もともと、真冬でもデニムワンピースを着ているので、問題ないかなと。

 

現在持っている服は28着で、内訳はこちら。

・半袖×3

・長袖カットソー×2

・長袖シャツ×3

・カーディガン×2(あと2枚増える予定)

・ワンピース×6

・ショートパンツ×2

・デニムパンツ×2

・レギンスパンツ×1

・パーカ×2

・春秋用アウター×1

・冬用コート×2

 

半袖にカーディガン+パーカーを羽織れば春や秋も着られるし、ワンピースを羽織として使ったり、最近自分の中ではまっているワンピースにワンピースを羽織るコーディネートも楽しめます。

 

これだけそろっていれば1年中着こなしを楽しめそうです。

 

持つ服の数は30着までとしておけば、これ以上服が増えることも防げます。

 

今は服の数が28着ですが、「30着を超えそうになったら、持っている服から手放すものを考えて、新しい服を買うときは持っている服とコーディネートできそうか考えてから買う」というサイクルにしたいと思います!

 

持っている服のご紹介やコーディネートは随時更新予定です^^

 

■私のファッション関係の記事はこちら。

ファッションの悩みを解消 カテゴリーの記事一覧 - ひつじ日和

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

毛穴の黒ずみゼロへ

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

服が少ない暮らしの2つのメリット&春のコーディネート計画。 - ひつじ日和

リサイクルショップでたくさんの服を試着して分かったこと。 - ひつじ日和

靴下は100円ショップを活用。靴下は、少量持ってこまめに替えると清潔感を保てる。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク