読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

私が考える断捨離をリバウンドしてしまう理由2つ。

断捨離ですっきり暮らす

20150810143543

最近、断捨離をリバウンドしてしまう理由は2つあるんじゃないかと思っています。

 

1つ目は、ストレスがたまって物を買いこんでしまう場合

2つ目は、好きなものを捨ててしまった場合

それぞれについて、その理由を書いていきたいと思います。

 

 

ストレスがたまって物を買いこんでしまう場合

断捨離を順調に進めているある日、「何かが無性に買いたい!」と思ったり、「なんでこんなに捨てているんだろう?」と思ってしまい、物を増やしてしまうパターンです。

 

物を減らしたくて断捨離していたはずが、ある日「何か違うと感じてしまう」。

これは、ストレスがたまっている可能性が高いです。

 

私の場合、節約のストレスで無性に物が欲しくなり、本当は節約のストレスが原因で物が欲しくなっているのに、自分の中で「断捨離がストレスなんだ!」と勘違いしてしまって、食材を大量に買いだめしてしまったことがあります。

「何かが無性に買いたい!」。その原因は過度な節約でした。 - ひつじ日和

 

断捨離を中に、無性に物が欲しいと思ってしまったら、ストレスに感じていることは何なのか?という原因を見つけないと、断捨離自体がストレスで、本当は自分は物が好きなんだと思い込んで、また物が増えることになってしまいます。

 

 

好きなものを捨ててしまった場合

「断捨離したものを、また買ってしまう」という場合は、いらないと思って捨てたけど、実はそれが好きだったということ。

 

その場合、物がまた増えるからリバウンドではあるけれど、前向きなリバウンドだと思っています。

 

一度捨てても、また欲しいということは、本当に自分が好きなことを知ることができたのです。これって、かなりうれしいことだと思うんですよね。

 

私は、自分が何が好きか、あんまりよくわかっていなくて、なんとなく物を買うことが多かったんです。だから、家の中はいらないものでいっぱいでした。

 

でも、断捨離を続けていくうちに、残ったものが自分にとって好きなものだということが分かったし、一度捨ててしまってまた買ったものが自分にとって必要なものだということが分かって、自分の軸がしっかりしてきたなと感じています。

いらないものを減らすことで、自分の軸ができていく。 - ひつじ日和

 

私は結構一度捨てたものを再度買いなおすことがあります。

特に、本。いらないと思って処分してしまっていたけど、やっぱりまた読みたくなって買いなおしたりしています。

 

無駄と言えば無駄ですが、これも断捨離を通して「自分は本が好きなんだ」と分かることができました。なので、最近はむやみに本は処分しないようにしています。

 

断捨離をしていてリバウンドしてしまった時、「自分に断捨離は向いていないんだ」と思うのではなく、断捨離が続かない原因を探ってみると、見えてくることがあると思います^^

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

日々の買い物はネットスーパーや宅配をうまく活用する

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

断捨離で面倒なのは、いらないものを仕分ける作業ではなく実際に「捨てる」作業。 - ひつじ日和

すべては毎日の積み重ね。毎日コツコツやることで、大きな力になる。 - ひつじ日和

断捨離を通して、私の人生は大きく変わりました。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク