ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

いらないモノと一緒に、ストレスも捨てよう!

20160125153546

いらないモノが家にあると、どんどんストレスがたまっていきます。

 

いらないモノを見るたびに、「捨てなきゃ」と思ってストレスになります。

クローゼットを開けると、捨てる予定の粗大ごみがそのままで見るたびにイライラしたり・・・。

 

私は、もともとモノをため込むタイプで、「いつか必要になるから」といろいろなものをとっておいていました。

 

でも、「いつか」はやってこないんですよね^^;

「いつか使う」と思っていたもので家の中はあふれて、クローゼットもギュウギュウ、クローゼットにもしまいきれなくて、床にいろいろおいていたり・・・。

 

足の踏み場もないほど物があったわけではないですが、「今、必要でないモノ」が家の中にたくさんある状態は自然にストレスがたまります。

 

今使っていないのに、クローゼットの場所をとっているという状態がストレスだし、仕事で疲れて帰ってきた時にいらないものでいっぱいのクローゼットを見るとゲンナリします。

 

いらないものがあふれていると、本当に必要なものが見つけにくくなるし、物探しにも時間を取られたりと、良いことがありませんでした。

 

家に物をたくさんしまえるスペースがあるなら、無理に物を捨てる必要はないと思いますが、物をしまうスペースがなくて、息苦しさを感じるなら、いらないモノ、いつか使うかもしれないモノは思い切って捨ててしまいましょう!

 

いらないモノでいっぱいだった家の中がすっきりすると、心にも余裕が生まれてきます。

 

私の場合、いらないモノを見るたびにイライラしていたけど、それもなくなり、ストレスも自然に減っていきました。いらないモノがない、快適な部屋になると、新しいことを始める余裕も出てきて、どんどんフットワークも軽くなったのです。

 

生きていれば、人間関係、仕事などいろいろストレスはたまりますよね。

それに加えて、家にいる時もいらないモノに囲まれてストレスがたまるとしたら、1日中心が休まる時がなくなってしまいます。

 

家の中をストレスのない、すっきりした空間にすれば、ストレスが減って、他のことも前向きに考えて行動できるようになっていくと思います。

 

不思議なのですが、いらないものを捨てて、掃除もきちんとするようになったら、「前向きにいろいろなことに挑戦したい!」と、思うようになって、人生がいい方向に変わっているなと感じています。

 

いらないモノを見るとイライラする。

家にいても落ち着かない。

そんな方は、家の中のいらないモノをどんどん処分して、一緒にストレスも捨ててしまいましょう!

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

日々の買い物はネットスーパーや宅配をうまく活用する

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

「いつか使うかも」と思ってなかなかモノが処分できない人への3つの質問。 - ひつじ日和

服が少ない暮らしの3つのメリット。服に悩まない生活を手に入れる。 - ひつじ日和

物を増やさないためには、習慣を変える必要がある。物が増えない習慣作り。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク