ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。

掃除は毎日やる。でも、「義務」にはしない。

20150608171113

掃除は毎日しています。

でも、決めていることがあるんです。

 

それは、掃除を「義務」にしないということ。

 

毎日、この時間に、この掃除をするときっちり決めてしまうと「やらなきゃ」という焦りが出て、掃除をするのが面倒になります^^;

 

「やらなきゃ」とか「やらないとダメ」とかいう思いは、焦りになって、義務感も出てきて、やる気が損なわれます。

 

何かをやるときに重要なのは、「やらされ感」を感じないでできるかどうかだと思います。どれだけ、自発的にやることができるかで、毎日続けられるかどうかが決まるんじゃないかなと。

 

習慣化するときには、意識して「掃除しよう!」ということも最初は必要ですが、毎日の習慣になってきたら、目標はゆるく設定した方がいいと思います。

 

私は、1日の中でキッチン、床拭き、洗面台、トイレ、お風呂の掃除をやるとざっくりと決めているのですが、それぞれの掃除をどの時間にするとか、どのくらいの時間をかけるとか、決めていません。

 

これは、私が在宅で仕事をしているからできることかもしれませんが、仕事の合間にちょこちょこっと気になったところを掃除しています。仕事で煮詰まったら、トイレ掃除したり、お風呂掃除をして、リフレッシュしてます。

 

掃除は無心で手を動かす作業なので、ストレス解消にもなりますね^^

 

掃除は毎日やるけど、忙しい日はやらないと割り切っています。

忙しいときまで無理に掃除するのは余計に疲れるし、ストレスがたまるので、掃除は後回し。

 

厳しいルールを作ってしまうと、それができなかったときに自己嫌悪に陥ったりして、あまりいいことがないです。

 

自分を追い込みすぎないで、毎日の掃除を楽しんでできるように、これからも工夫していこうと思います!

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

日々の買い物はネットスーパーや宅配をうまく活用する

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

掃除はまとめてやらず、毎日少しずつやる方が結果的にラク。 - ひつじ日和

掃除が苦手なら、まずは家にある「いらないモノ」を減らそう! - ひつじ日和

掃除を無理なく続けるために、掃除が楽になる道具を用意しておく。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク