読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

掃除が苦手なら、まずは家にある「いらないモノ」を減らそう!

掃除を習慣化する記録

20160125153546

掃除が苦手だった私ですが、物が減り、家の中がすっきりしたら掃除をやろうという気持ちがわいてきました。

 

冷蔵庫にギュウギュウに食材が詰まっていると、掃除も面倒で後回しにしがちだし、クローゼットがものでいっぱいだと、それを取り出すのが面倒すぎて、こちらも後回し^^;

 

物がいっぱいある状態では、掃除がなかなか進みません。

「さあ、掃除しよう!」と思っても、ギュウギュウのクローゼットや引き出しを見るだけでも、やる気がなくなっていきます・・・。

 

収納家具がたくさんある状態も、掃除が面倒になる原因です。

家具すべてにキャスターがついていて、コロコロと簡単に動かせるならいいのですが、そうでない場合は簡単に家具を移動できないので、家具の裏や家具と家具の間にたまったホコリがとりにくいです。

 

物が多いということは障害物が多いということ。

なので、掃除が苦手なら、まずはいらないものをどんどん減らしたほうがいいと思います。クローゼットがスカスカになり、冷蔵庫もスカスカになると、掃除が本当に楽ちんです。

 

空間に余裕があると、「掃除しよう!」と思った時にもささっと終わらせることができるし、すっきりした空間は不思議と自分から掃除がしたくなっちゃうのです!

 

掃除が嫌いだった私が体験したので、効果はあると思います(笑)。

 

物が多いと、それだけでなんだか圧迫感があって掃除をする気になれなかったのですが、部屋がすっきりしたら、掃除で家の中がもっと快適になりそうだと感じて、「掃除したい!」と思えるようになりました。

 

・家にいらないものがたくさんある。

・掃除を習慣化したい。

そんな方は、まずはいらないものを処分しましょう。

部屋がすっきりすれば、掃除の習慣化も楽にできるようになりますよ^^

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

日々の買い物はネットスーパーや宅配をうまく活用する

どろあわわで肌の黒ずみゼロへ

 

■こちらの記事もどうぞ

掃除を無理なく続けるために、掃除が楽になる道具を用意しておく。 - ひつじ日和

クイックルワイパーハンディが高い場所の掃除に便利。狭い場所の掃除にもぴったりです! - ひつじ日和

床拭きは雑巾とウェットシートを使い分け。うまく使い分けて掃除を楽ちんにする。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク