ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

服が少ない暮らしでは、防虫剤がいらない理由。

20160209122423

持っている服が少なければ、防虫剤は不要になります。

 

その理由は、「虫に食べられちゃう前に、洗濯する」からです。

 

服をたくさん持っていた頃は、クローゼットにもプラスチックの収納にもギュウギュウに服をしまっていて、防虫剤も入れていました。

一度も着ていない服やたまにしか着ない服もたくさん持っていたため、防虫剤は欠かせなかったのです。

 

でも、服は少しだけ、持っている服をローテーションで毎日着る生活にしてからは、防虫剤がいらなくなりました。

一度も着ないという服も、たまにしか着ない服もないから頻繁に洗濯することになります。頻繁に洗濯していれば、虫に食べられる暇もないのです(笑)。

 

防虫剤が必要なのは、保管している服が虫に食べられないようにするためですよね。

でも、虫に食べれられるほどの暇もなければ、防虫剤なしでOKなのです。

 

意外と防虫剤ってお金がかかるので、使わなくなって節約になりました。

 

シーズンオフの服は、圧縮袋に入れて保管しておきます。

圧縮袋なら湿気やほこりも防ぐことができるし、ペタンコになるので場所も取らずに便利です。

 

ちなみに、私は布団も圧縮して収納しています。

冬用の布団の圧縮にチャレンジ!圧縮収納で、ほこりや湿気も防止できます。 - ひつじ日和

圧縮する前は、きちんと洗濯して、きちんと乾かしてからじゃないと、虫に食べられたり、カビの原因になるので、その点だけ注意が必要です。

 

そろそろ暖かくなってきたので、コートや使わない毛布などを圧縮しようかな思っています!

 

衣類の圧縮袋。

詳しくはこちら。石崎資材 バルブ式衣類まとめて圧縮袋衣装ケース用

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

日々の買い物はネットスーパーや宅配をうまく活用する

どろあわわで肌の黒ずみゼロへ

 

■こちらの記事もどうぞ

春夏ワンピース計画【その2】。シンプルなコットンワンピースでさわやかな春コーディネート。 - ひつじ日和

春夏のワンピース計画。デニムワンピースは暑いので春夏はお休み。 - ひつじ日和

似合わない冬服を断捨離。自分に似合う服、似あわない服を把握して次の買い物に生かす。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク