ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

スカスカのクローゼットを見ると落ち着く。服がたくさんある状態がストレスでした。

20151220133842

一度、服が少ない暮らしの良さを知ってしまうと、服が多い状態には戻れませんね。

 

最近、持っている服がどんどん減っています。

デニムワンピースが好きだなと思い始めてから、それ以外のワンピースにあまり興味を持てなくなりました。

かといって、毎日デニムワンピースを着るということも決断できていません(笑)。

 

物が少ないということは悩む時間が減るということ。

服が少なければ着るものに悩む時間も無くなるし、靴が少なければ何を履こうか悩む時間も無くなる。

 

毎日着る服に悩む時間を削ってまで何がしたいの?

そんなに忙しいの?

と聞かれれば、「服以外のことに時間を使いたい」。

ただそれだけです(笑)。

 

例えば、服のことで悩む時間が無くなった分、

スーパーで面白い食材をあれこれ探す時間にしたり、

ぼーっと海を眺める時間にしたり、

仕事の時間にあてたり、

そういうことに使います。

 

合理的、効率よく生きるために服を減らしたいというよりは、服のことを考えるよりも楽しいことをするための時間にしたい。

別に、せかせか生きるために服のことで悩む時間を減らしたいわけじゃないのです。

 

私にとっては、服のことで悩む時間がストレスなだけです。

できれば、朝クローゼットを開けたら、「今日は、これ着る!」とぱっと着る服が決まるような暮らしがいいですね。

 

と言っても、まだまだ服に関する悩みは尽きないです。

年を取るにつれて着る服も変わっていくだろうし、自分の好みも変わる。

そのたびに、クローゼットの中を整理して、その時々で一番ストレスのないクローゼットにしていきたいです^^

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

日々の買い物はネットスーパーや宅配をうまく活用する

どろあわわで肌の黒ずみゼロへ

 

■こちらの記事もどうぞ

シャンプーは同じものを使い続けるより、たまには変えた方が髪に効いている気がする。 - ひつじ日和

最近着ている服は5着だけだったという事実。冬は5着を着まわしていました。 - ひつじ日和

「節約」という考えをやめて、シンプルな考えにたどり着きました。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク