ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

引っ越し6回を経験して気づいたこと。スーパーに行けば、その土地の雰囲気が分かる。

20150522092431

スーパーで買い物してみて違和感があるなら、ずーっとその土地になじむことはできないというのが持論です。

 

引っ越し先を決めるときは、引越す予定の土地のスーパーに行くことがおすすめです。

そのスーパーで買い物をしてみて自分がどう思うかがポイント。

 

買い物してみて、高いなと感じるか、接客態度に違和感を感じるか、買い物をしているお客さんたちに違和感を感じるか、品ぞろえに違和感を感じるか、それは人それぞれだと思います。

 

普段の生活であまりスーパーで買い物しないという方はのぞいて、基本的に生活していればスーパーに行って食材を買うことが多いと思います。

そのスーパーに違和感を感じているということは、ほぼ毎日違和感を感じて暮らさなきゃいけないということ。

 

それは、かなりつらいです。修行のようです。

自分が引っ越し先で通うであろうスーパーが自分にとって違和感のない場所なら、引越しても快適に暮らせると思います。

 

私はある地域に引っ越ししたとき、引っ越し先のスーパーにものすごい違和感があったんです。

 

・「いらっしゃいませ」を言わない

・「ありがとうございます」も言わない

・お客さんがレジに来ているのに、お客さんが声をかけるまで気づかない。(気づかないふり?と思うほどの態度^^;)

 

引っ越し当初はかなりのカルチャーショックでしたね。それまで、そういうスーパーに行ったことがなかったので・・・。

その地域の他のスーパーやお店も同じような雰囲気。引っ越ししてきたばかりだけど、もう他の場所に引越したいと思いましたね。

 

でも、引っ越しはお金がかかるので、そうそう他の場所に引っ越しはできないし、夫は別に気にならないようです。夫に話しても、夫が育った場所もこんな感じだったとのこと。そうなのね・・・。

 

自分にとっては「雰囲気がいい」と思う土地も、他の人からすれば「雰囲気悪いよ」ということもあるということですね。だから、どの地域が住みやすいよとか、住みにくいよなどは、安易に説明はできなと^^;難しいものです。

 

結局その土地には5年ほど住みましたが、違和感が消えることはありませんでした。

地域によって本当にいろいろあるなと、引っ越しを6回して思います^^;

やはり、引っ越しをする前にきちんとリサーチしないとだめですね。反省です。

 

人によって、違和感を感じるポイントって違うんと思うんです。

自分が「なんか違うな」と直感で思ったことは大体あたっています。

 

自分の直感を信じましょう。

そして、引っ越し前はリサーチしましょう。

私が偉そうに言えることではないんですけどね^^;

次に引越す時には、きっちりスーパーのリサーチをしたいと思います!

 

スーパーはその地域の縮図だと思うんです。

スーパーの雰囲気がいい地域は、地域全体の雰囲気もいい。

スーパーの雰囲気が悪いと、地域全体の雰囲気も悪い。

というのが、私がいろいろな土地に住んで、実際経験して思ったことです。

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

日々の買い物はネットスーパーや宅配をうまく活用する

服はシンプルでリーズナブルなものを

 

■こちらの記事もどうぞ

「節約」という考えをやめて、シンプルな考えにたどり着きました。 - ひつじ日和

ストックに関する考え方が変わってきました。消耗品はまとめ買いしてます。 - ひつじ日和

暖房があるのに、寒いのを我慢して暖房つけないという節約やめます! - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク