読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

「節約」という考えをやめて、シンプルな考えにたどり着きました。

20160208130541

「節約」という言葉を聞くと、とても息苦しい気持ちになります。

 

 これ以上収入を増やすのは無理そうだと思った私は、節約にはまっていた時期があるのですが、結果的に続きませんでした。

 

節約を意識して、家からちょっと遠いスーパーやドラッグストアに通ったり、美容品は最低限、普段着る服も3着だけなんて生活をしていました。

 

最初のころは、安く買えることに楽しみを見出していたのですが、自分は欲しいものも買えないんだと思いはじめたら、「本当は、あれも欲しい、これも欲しい」と物欲がMAXに!

 

買いたいのに買えないということがストレスで、イライラしがちでしたね^^;

そんな生活が嫌になって、「節約やーめた!」とやめることになったのです。たぶん3カ月位しかもたなかったです・・・。

 

私の失敗は、

・何でもかんでも節約しようとしたこと

・節約でためたお金で何をするのかという具体的な目標がなかったこと

 

節約をやめてからは、欲しいものは買おう!と決めたのですが、そう決めたとたんどうしても欲しい!買いたい!と思うものがなかったことに気づきました。

 

節約していたときは、バッグが欲しい、服が欲しいと思っていたけれど、いざなんでも買えると思ったら、とりたてて買いたいものがないというか^^;

 

何でもかんでも節約していたことに対するストレスで物欲がMAXになってしまっただけで、本当に自分が欲しいもの(私の場合、本ですね)を手に入れたら物欲が減りました。

 

私はストレスがたまると物欲に走る傾向があるので、自分にとってストレスになる「節約」をやめたら自然とお金を使わなくなりました。

 

私に必要だったのは、漠然と節約することではなく、何にお金を使えば幸せだと感じるのか、自分が本当に欲しいものは何なのかを知ることだったのだと思います。

 

自分にとって必要でないこと・物にはお金を使わない。

自分にとって必要な物・やりたいことにはお金を使う。

 

というシンプルな考えになれば、自然と無駄に使うお金は減るんだなという気づきでした。

 

とはいっても、やりたいことにお金がかかることもあるんですよね。

そのためには「節約してお金をためる」のではなく、自分の収入を少しずつ増やして、やりたいことをやるという暮らしにしていきたいなと。

そのための「稼ぎ力」をつけるために、現在奮闘中です!

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

日々の買い物はネットスーパーや宅配をうまく活用する

服はシンプルでリーズナブルなものを

 

■こちらの記事もどうぞ

暖房があるのに、寒いのを我慢して暖房つけないという節約やめます! - ひつじ日和

お金を気持ちよく使いたい!自己投資でどのくらい自分が変われるか実験します。 - ひつじ日和

自分で自分を幸せにする。自分の幸せは自分しか知らない。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク