ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

どんな状況になっても「自分で稼げる」という自信があればお金の不安はなくなる。

20150516103711

お金に対する不安はとても漠然としたものですよね。

 

貯金がなくなるといやだからお金を使いたくない。

いつまで稼げるか分からない。

 

いったい自分はいくらお金があれば安心するのだろうとふと考えてみる。

でも、よくわからない・・・。

 

貯金はたくさんあればいいとは思うけど、貯金は増えても不安はなかなか消えないんですよね。貯金は使ったらなくなるだけですし。

 

そんなお金に関する不安をなくすために最近読んでいるのがこちら。

感情に振りまわされない―働く女(ひと)のお金のルール~自分の価値が高まっていく稼ぎ方・貯め方・使い方

 

この本では、「60歳で毎月10万円稼げるようになる」ことで将来に対するお金の不安がなくなると書かれています。

 

つまり、最低限一人で暮らすお金を自分自身で稼げるようになれば、不安はなくなるという考え方。

 

確かに、暮らしに必要な最低限のお金を毎月稼げるようになれば不安は減りますよね。

 

そのために必要なのは、健康であること、暮らしに必要な金額を知っていること、年をとってもできる仕事であること。

 

人間、健康であればどうにか仕事はできると思うので、一番はやっぱり健康なことですね。健康じゃなくなると、稼げなくなるだけでなく、病院に行ったりするお金も必要になります。

 

あとは、最低限暮らしに必要な金額を知っておくことも重要ですね。

自分にとって絶対必要なもの、なくても困らないものを把握しておけば、無駄なお金は使わずに済みます。

 

自分にとって必要なものを知るためには、断捨離がおすすめです。

断捨離を通して、自分にとって何が必要なのかが見えてくるので、家がものであふれている方はぜひぜひトライしてみてくださいね^^

 

■私の断捨離記事はこちらから→断捨離ですっきり暮らす カテゴリーの記事一覧 - ひつじ日和

 

お金の不安をなくすためにも、何はともあれ健康であること、そして暮らしに必要な最低限のお金を稼ぎ続けることを目標にしたいと思います^^

 

■参考にしている本:感情に振りまわされない―働く女(ひと)のお金のルール~自分の価値が高まっていく稼ぎ方・貯め方・使い方

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

日々の買い物はネットスーパーや宅配をうまく活用する

服はシンプルでリーズナブルなものを

 

■こちらの記事もどうぞ

電子書籍と紙の本を用途に合わせて読み分ける。電子書籍は情報を入れるため、紙の本は見て楽しむため。 - ひつじ日和

できない理由探しばかりする自分を変えたい!2016年は「稼ぐ力」をつけます! - ひつじ日和

断捨離したほうがいいのはこんな人。断捨離がおすすめの3タイプ。 - ひつじ日和

 

■ご質問、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。

お問い合わせ

 

スポンサーリンク