読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

自分の体のリズムを知って、ストレスフリーに暮らしたい。

美容・健康

20151220133830

この前まで欲しいと思っていたものが急に欲しくなくなったり。

この前まですごく興味があったことに興味がなくなったり・・・。

 

私はそういうことが多くて、単に飽きっぽいだけだと思っていたのですが、よくよく考えてみると、生理前後でまったく逆の考えになったり、性格もかなり違っているなと気づきました。

 

これまでも、なんとなく生理前後で考えが違うなとか、集中力が違うなとは思っていたのですが、手帳にその日の体調や気分を記録するようになってから、自分は1か月の中で2つの人格を持つんじゃないかというくらい変わることに気づいたのです。

 

特に生理前2週間の体調の変化が激しく、いわゆるPMSがとてもひどいです。

とにかく眠いし、イライラしやすいし、すべてのことが嫌になったり、体もだるいしと、昔から1カ月のうち2週間は自分が使い物にならないような感じでした。

 

そんな症状がバイオリズムの変化によるものだとは気付かず、いつもと同じように暮らしているのに、なんでこんなにイライラするんだろうとか、生理前は何もかも投げ出したくなるので、それまで順調に続けてきたことも急にやめたくなったりと、よく考えてみれば日常生活にも支障をきたしていたのです。

 

ずーっとこんな感じだったので、「一つのことを極める」ということが難しいんですよね^^;「人生の中で何か一つのことを成し遂げたい」という気持ちはあるのですが、生理前になると、それまで集中してやっていたことも、急にいやになってやめてしまうことがほとんどでした。

 

でも、やっと最近それが体のホルモンバランスの変化による一時的なものだと理解できたので、生理前の2週間はゆっくり過ごすことに集中して、生理後2週間に集中してやりたいことをやるというリズムにすればストレスを感じることなく暮らしていけるんじゃないかなと希望を抱いています。

 

まぁ、1カ月のうち2週間はあまり動けないということに変わりはないですが、自分の体はそういうものだと割り切って、頑張れる2週間に驚異の集中力を発揮したいと思います(笑)。

 

本当は、1か月を通して、体も心もフラットな感じでいるのが理想です。

そのためには、食事内容の見直しもしていきたいなと思います^^

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

日々の買い物はネットスーパーや宅配をうまく活用する

服はシンプルでリーズナブルなものを

 

■こちらの記事もどうぞ

暖房の節約をやめてから体の調子が良く、冷えも改善されました。 - ひつじ日和

断捨離にゴールはあるのか?私の考える断捨離の「終わり」。 - ひつじ日和

物が少ない暮らしでは「代用」する力が磨かれる。一つの物に複数役割を与える暮らし。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク