読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

食費の節約をやめました。我が家に合った食費の予算づくり。

節約

<平均に惑わされない>

最近、いろいろな物の節約を心がけていました。

もちろん、食費も頑張って節約に励んでいたんです。

 

一番安いスーパーで、重くても頑張って歩いて買い物する。

余計なものは買わない。

安い食材を組み合わせて夕飯を作る。

 

そんな感じで、11月は結構節約を頑張れたのですが、家族からの大ブーイングが・・・。

 

夫は一人で3人分から4人分食べるので、大量の食材が必要になるんです。

そうすると「いいものを少しだけ」なんてことはできないんですよね。

成長期の高校生か!と突っ込みたくなりますが^^;

 

私が節約を意識していた料理では、満足できないとのこと。

夫は、基本的に出したものは文句も言わず食べてくれるのですが、とにかく量が大事。

量がたりない!とブーイングでした。

 

いろいろな雑誌やブログを見ても、夫婦2人の食費予算って多くても3万円くらいですよね。でも、我が家の場合、夫が一人で3人分から4人分食べるので、そもそも夫婦2人分の食費として考えちゃダメなんですよね。

 

夫婦2人なのに、なぜこんなに食費がかかるんだろうと、悩んでいましたが、そもそも夫婦2人として考えているのが問題だったことに、今頃気づきました・・・。

 

我が家の場合、食べることがレジャーのような側面があります。

車もないし、旅行も行かないし、光熱費は安く抑えている。お金のかかる趣味もないという感じで、夫としては一番の楽しみは「食べること」なんです。

 

そんな夫の楽しみを奪ってしまうのもよくないと思い、食費の節約はやめることにしました。食費の節約を頑張っても夫からはブーイングだし、節約を意識して頑張っても空回りなので・・・。

 

そして、食費の予算をちょっと増やすことにしました。

夫婦2人としてでなく、4人家族という感覚で考えればストレスなく、食費については考えられそうです。

 

最近、仕事が忙しくなり、毎日の買い物もちょっと負担になってきていたので、買い物はネットスーパーや宅配を使って、食費については「無駄」かどうかは突き詰めすぎずに考えていこうと思います。

買い物の悩みを解消したい!ストレスのたまらない、食材と日用品の買い物の方法を考え中。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

そのかわり、食費以外の日用品などはお金をかけないようにしようと思います。

もともと、夫も私も服や雑貨、本などはほとんど買わないので、食費を増やしてもあまり負担ではなさそうです。

 

世間一般からすれば、我が家の食費はかなり多いんだと思いますが、そもそも食べる量が多いから、「平均」とは違うんだということを受け入れて、他の部分で調整したいと思います^^

■自己紹介

自己紹介 - 物を減らして、すっきり暮らす!

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

■物が少ない生活のヒント

物が少ない暮らしで一番大切なのは健康であること

いらないものはお金に変える

物が増えない趣味を持つ

■関連記事

2015年にやってよかったこと6つをピックアップ!今年は、「習慣化」で変われた気がします。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

掃除と節約の関係。きれいな部屋は居心地のいい部屋になってお金の節約につながります。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

いらないものを増やさないために、何にお金を使いたいのかを明確にする。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

食費と時間の節約。胃弱な私の毎日の朝ごはん・昼ごはんを定番化。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

物を減らして人生を変えたいなら、「知っている」だけで満足しない。私が物が少ない暮らしの参考にしている本や雑誌。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

スポンサーリンク