ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

家族には「物が少ない暮らし」を強制していません。

<断捨離は自分のモノに集中する>

 断捨離を進めていくと、家族の物も気になってきますよね。

 

この本読んでいないなら売ればいいのにとか、こんなに服持ってても場所とるだけなのにと思ったり・・・。

 

私は実際に夫に言ってしまったことがあります。

「これ、使わないなら捨てたら?」と。

 

幸い夫は「そうだねー」と聞き流してくれましたが、同じことを自分が言われたら、ムッとしたり、嫌な気持ちになるだろうなと反省^^;

 

誰かに「捨てて」と言われると、捨てようかなと思っていたものもなんだか捨てる気にならなくなったり、イライラしますよね。

 

人によって物に対する感じ方は違うから、人に「捨てること」を強制しちゃいけないなと思いました。

 

断捨離するなら、自分の物から。

 

夫の物を見て「捨てればいいのに」と思っていたけれど、自分の物に集中して断捨離をしていたら、それだけで家の中がすっきり。

 

生活用品も自分で増やしてしまったものが多くて、人に言う前に自分のモノを捨てることに集中した方がいいなと実感。

 

自分のモノが減ってくると、家の中もかなりすっきりしてきたので、夫の物も気にならなくなりました。

 

ただ、私がどんどん自分の物を処分したり、大きな家具を処分したりし始めると、夫も自然と影響されたようで、「この本売ろうかな」と積極的に物を減らし始めてくれています。

 

物が少ない暮らしに魅力を感じてくれたから、自分の物も処分しようという気持ちになってくれたのかもしれません。

 

最近は、リサイクルショップで服や靴を買う私を見て、夫もリサイクルショップで服を買うようになりました。

 

服はデパートでしか買わないと言っていた夫の変身ぶりにびっくりです(笑)。

 

断捨離を始めるなら自分の物から始めて、とにかく自分のモノに集中する。

家族共用の物は家族に相談しつつ、問題のない場所から進めてみる。

 

どんどん家の中がすっきりして、すっきりした部屋の方が自分にとって心地いいと感じてくれれば、家族も影響を受けて物を自分から減らし始めるかもしれません。

 

家族が物を減らしてくれなくても、自分のいらないものが減るだけでもかなりすっきりして、気分も軽くなると思います^^

■自己紹介

自己紹介 - 物を減らして、すっきり暮らす!

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

■物が少ない生活のヒント

物が少ない暮らしで一番大切なのは健康であること

いらないものはお金に変える

物が増えない趣味を持つ

■関連記事

物を減らして手に入れたのは、時間の余裕。物探しに時間を使ってしまうなら、物を減らそう! - 物を減らして、すっきり暮らす!

だらだらネットを見ている時間を断捨離!時間管理をすることで自分が変われるか実験中。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

私の断捨離失敗の傾向。好きなものは捨ててはいけない。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

スポンサーリンク