ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

後悔しない物の捨て方。きちんと物と向き合ってから捨てる。

<いつ使うかをはっきりさせる>

物を捨ててしまったら、「捨てなければよかった」と後悔しそうだから断捨離が進まない。

そう思いますか?

 

物を捨てて後悔するかどうかは、「どのように捨てたか」によって違ってきます。

 

勢いで「エイッと」捨てたり、誰かに「捨てたら?」と言われて捨てたりしたものは、あとから「捨てなきゃよかった」と思ってしまいます。

 

特に思い入れがあるけれどもう使っていないもの、高かったからもったいないと思ってなかなか捨てられなかった物は、なんとなく捨ててしまうと後悔してしまいます。

 

後悔しないために、きちんと物と向き合うことが必要です。

 

私は、就職活動の時使っていたスーツがなかなか処分できませんでした。

なぜなら高かったから^^;

 

でも、いつ使うのか?

使う予定はあるのか?

サイズはどうなのか?

などなど、じっくり考えました。

 

良く考えてみると、就職活動が終わってからは一度も使っていなかったし、もう使うこともないだろうなということがはっきりしました。

 

なぜなら、びっくりするほどスーツが似合わないのです。

スーツが似合わないから、スーツを着る仕事はしたくないと思ったほど・・・。

 

現在は、在宅で仕事をしているから確実にいらないし、これからもこの仕事を続けていく予定なので、出番はやってきません。

 

「いつか使う予定があるのか?」をじっくり考えたら、もう自分には必要ないからリサイクルショップに売ろうと決心がつきました。

 

じっくり考えず、勢いだけで捨ててしまっていたら、「高かったのに何で捨てたんだろう」とか思って後悔してしまったはず。

 

きちんと、「捨てようと思っているものに出番はあるのか?」を考えることで、納得して処分することができます。

 

物を捨てて後悔したことがあるという方は、勢いで捨てる方法はおすすめできません。

 

時間はかかるけれど、きちんと物と向き合って、納得してから処分するほうが、後悔なく、すっきりと物を減らしていくことができます。

 

さらに、物を処分することに罪悪感を感じる方は、リサイクルショップに売るのがおすすめです。

 

自分はもう使わないけれど、それを欲しいと思う人が使ってくれたら罪悪感も薄れるはずです^^

■自己紹介

自己紹介 - 物を減らして、すっきり暮らす!

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

■物が少ない生活のヒント

物が少ない暮らしで一番大切なのは健康であること

いらないものはお金に変える

物が増えない趣味を持つ

■関連記事

物を減らして手に入れたのは、時間の余裕。物探しに時間を使ってしまうなら、物を減らそう! - 物を減らして、すっきり暮らす!

だらだらネットを見ている時間を断捨離!時間管理をすることで自分が変われるか実験中。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

私の断捨離失敗の傾向。好きなものは捨ててはいけない。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

スポンサーリンク