ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

断捨離を始める時に、最初に迷わず捨てる物。

<物を捨て始める時に最初に捨てるもの>

 クローゼットがギュウギュウ、家の中に物がいっぱい。

そんな状態を変えたくて断捨離を始めてみたいけれど、さて、何から捨てればいいのか?

 

家の中に物がたくさんありすぎると、どれがいらないものか、どれがいるものなのか、判別するのがまず難しいですよね。

 

そして、「いる、いらない」の作業は時間がかかります。

 

それよりも、まず最初に捨てるべきは、壊れている物やゴミです。

 

壊れている物やゴミは考えるまでもなく、絶対に捨てるものです。

 

壊れていたらリサイクルショップにも売ることができないし、人に譲ることもできません。確実にいらないものです。

 

ゴミも意外と家の中にあります。いつか捨てようと思って引き出しを奥にしまっていた使い終わった乾電池とか、期限切れのポイントカードやクーポン券。捨てた家電の説明書。これらはゴミだけど、意外とゴミとして認識できていないものです。

 

まずは、壊れているもの・ゴミから捨てましょう!

 

粗大ごみについて

いつか捨てようと思っている壊れた家電はありませんか?

 

私はいつか捨てよう、いつか捨てようと思っていたガスコンロが虫の巣になり、ようやく重い腰を上げることができました^^;残っていた油が虫の餌になってしまったようです・・・。虫の餌になるようなものなら、壊れたらすぐに処分することをおすすめします。

 

粗大ごみは捨てるのが本当に面倒なのですが、粗大ごみで捨てるようなものは大きさもあるし、場所をとって邪魔になります。

 

大きいから目につきやすく、見るたびイライラとストレスがたまるんです。

 

私も粗大ごみを放置していて、「見るたびにストレス、でも処分するのが面倒」というスパイラルから抜け出せずにいたのですが、虫の巣になったことでどんどん捨てられるようになりました。

 

粗大ごみ処分の手配は面倒だけど、やり始めてしまうとどんどん進められるようになります!

 

あきらかにゴミな物

使い終わった乾電池や期限の切れたポイントカードなど、明らかにごみとわかるものは見つけたらとりあえずビニール袋などに入れておくといいです。

この時、ゴミの分別まで考えると面倒になってしまうので、まずは「ゴミを見つけたらビニール袋へ」。

 

ビニール袋がいっぱいになったら、ゴミの分別です。

これまた面倒な作業なのですが、お住まいの自治体のごみ分別に従って分別してください。

 

「これ、何ゴミ?」というものは、面倒でも役所などに電話で問い合わせて、捨て方を把握した方がいいです。そうじゃないと、いつまでも家に残ったままになってしまうので^^;

 

私も、「これ、何ゴミ?」というものが結構あって、まとめて役所に問い合わせました。問い合わせておけば、安心してゴミの日に捨てることができます^^

 

断捨離を始めると、何から捨てていいか分からない!となってしまう方も多いと思いますが、壊れているもの・明らかにごみな物なら迷いなく捨てられるはずです。

 

粗大ごみや何ゴミか分からないものを処分するのは、面倒な作業ですが、家からいらないものをなくすためには避けられない作業です。

 

一旦始めてしまえばどんどん進めていけるので、最初の一歩を踏み出しましょう!

 

 

■自己紹介

自己紹介 - 物を減らして、すっきり暮らす!

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

■物が少ない生活のヒント

物が少ない暮らしで一番大切なのは健康であること

いらないものはお金に変える

物が増えない趣味を持つ

■関連記事

自分の定番服を決めれば、時間の節約・お金の節約になります。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

靴下は少しだけ持って、こまめに買い替えると気持ちいい。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

洗濯する回数で必要な服の数が決まる。服の数を最低限にする考え方。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

スポンサーリンク