ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

「着たい服」と「似合う服」が違う場合、どちらを取るか?

<「着たい」と「似合う」どちらを取る?>

自分の着たい服がに合えば何も悩む必要はないけれど、なかなか難しいですよね。

 

自分が「こういう服が着たい」と思って、自分の顔だちや体型にピタッとはまる場合はいいけれど、モデルさんのように何でも着こなせるわけではない。

 

じゃあ、どんな服を着たらいいのか。

自分の着たい服と、自分に似合う服がかけ離れている場合は、そのジレンマに悩むと思います。わたしも、かなり悩みました。

 

昔から、ふんわりしたナチュラルな感じの服を「着たい!」と思って、そういうお店で服を見て回ったりしていたけれど、試着してみるとどうにも似合わない。

 

そういうナチュラルな服を着ると、すごく老けて見えるんですよね・・・。

ナチュラルな服が着たい。でも、似合わない。

自分の着たい服が似合わないって悲しいですよね。

 

似合わなくても自分の好きな服を着よう!と割り切ってきていた時期もありましたが、ふと鏡を見るとやっぱり変なんです。

 

私がマシに見える服はその対極にあるカジュアルな感じ。

ナチュラルな服を着たいし、そういう雰囲気になりたいと思っていましたが、「似合わないな」と冷静に思っている自分に気づき、「着たい」だけの服を買うのは卒業しました。

 

無理に似合っていない服を着るのは、やっぱり自分が違和感を感じるし、周りの人も見ていて違和感を感じるはず。

 

私には、着たいけど似合わない服を着続ける勇気はありませんでした。夫からの評判も良くなかったですしね・・・。似合ってないよと何度言われたことか^^;

 

自分が着たい服が自分に似合っている場合はなーんの問題もないけれど、そうじゃない時は本当に悩むものです。

 

自分が着たい服を選ぶのか、自分に似合う服を選ぶのか難しいけれど、私は自分が着てマシに見える方を選びました。

 

その方が気持ち的に楽だなという単純な理由です。

自分に似合っていないなと思って着続けるよりは、ましに見える服を着ている方がソワソワせずに済むので、楽ちんです。

 

昔は服にものすごいこだわりがあったけれど、最近はそれほど服に執着しなくなったというのも、マシに見える服を選んでいる理由かもしれません。

 

年を取るにつれ、ましに見える服も変わっていくので、自分をきちんと客観的に見ることができるように気を付けていきたいです。

といっても、服選びは本当に難しいですね^^;

 

■自己紹介

自己紹介 - 物を減らして、すっきり暮らす!

■物が少ない生活のヒント

物が少ない暮らしで一番大切なのは健康であること

いらないものはお金に変える

物が増えない趣味を持つ

■関連記事

服のコーディネートに悩む人には、ワンピースがおすすめな4つの理由。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

ファッション雑誌の活用方法。うまく雑誌を活用して、自分に似合うスタイルを確立しましょう。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

靴の買い替え。スニーカーを処分してショートブーツを購入しました。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

スポンサーリンク