読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

物を減らして手に入れたのは、時間の余裕。物探しに時間を使ってしまうなら、物を減らそう!

<物を減らした暮らしのメリット>

たくさんあった物を減らして手に入れたのは、時間の余裕です。

たくさんの物に囲まれていると、毎日、想像以上に時間に追われる生活になります。

 

それはなぜか?

・探し物に時間がかかる

・物の管理に時間がかかる

というのが理由です。

 

探し物に時間がかかる

クローゼットや引き出しにギュウギュウに物が詰まっていた頃、毎日探し物をしていました^^;「印鑑が必要だけど、どこにしまったけ?」と引き出しをガサゴソ。でも、見つからず、また違う場所をガサゴソ。みつからない・・・。そして、1週間くらい見つからなかったりしてました。

 

本当に、ひどい生活ぶりでしたね。必要なものが必要な時に見つけられないというのはかなりのストレスです。

 

見つからないストレスは、探しているものが見つかるまでずーっと頭の中でもやもやし続けます。電車に乗っているときも、考えても見つかるわけでもないのにずーっと探し物のことを考えてイライラしたり、仕事の最中も探し物が気になってしまって、集中できなかったり。

 

どんどんものが増えていくから、自分が持っているものもきちんと把握できていなくて、同じものを2回買ったり、ストックがたくさんあるのに、ドラッグストアに行くとついつい何かストックを買いたくなったり。

 

物が買いたくなっていたのは仕事のストレスがたまっていたからだと思いますが、どんどんものがたまって必要なものが見つからなかったりすると、さらにそれがストレスになってしまうという悪循環でした。

 

物の管理に時間がかかる

物がたくさんあると、そのたくさんの物を収納したり、服なら洗ったり、いろいろと手間がかかります。

 

車を持てば車のメンテナンスの時間、自転車を持てば自転車のメンテナンスの時間、エアコンを使えばエアコンの掃除の時間、空気清浄器を持てば空気清浄器の掃除の時間。便利なものはだいたいメンテナンスに時間がかかります。

 

すべてのメンテナンスをお金を出して他の誰かにやってもらうという場合以外は、自分でやることになるので、便利なものを持てば持つほど、ものを管理する時間がかかることになります。

 

こういった便利なものはうまく活用して暮らしていきたいですよね。

ただ、重要なのは、あれもこれも持ちすぎないこと。

 

管理に手間のかかるものを持ちすぎると、毎日、「物のお世話」をする時間でいっぱいになってしまいます。便利なもので自分の生活を楽にするつもりが、便利な物を管理する時間で毎日の時間を費やしてしまうなら、かなりもったいないです。

 

手間のかかるものは、最低限。自分にとって本当に必要なものだけにする。

そうすることで、物にかける時間が少なくなり、自分のために時間を使えるようになります。

 

私は、探し物に使う時間も、物のメンテナンスに使う時間も、もったいないと感じるようになり。思い切って物を減らす生活を選びました。

 

家から物が減ると、クローゼットや引き出しの中も一目で何があるか分かるようになり、持っているものが少ないから、自分の持っているものすべてを把握でき、もの探しの時間も無くなりました。

 

私の中で、もの探しの時間が無くなったことが一番よかったことかもしれません(笑)。思い返せば、小学校のころから「あれが見つからない。どこだろう?」と物探ししていた気がします。昔から、片づけられなかったんですよね・・・。

 

片づけられないなら、物自体を減らしてしまえばいいんです。

自分が把握できる量だけ持てば、きれいに片づけなくても、どこに何があるか把握できます。

 

もの探しに時間を使ってしまう。

なかなか片づけられない。

 

それなら、物自体をぐっと減らしてしまいましょう!

 

■自己紹介

自己紹介 - 物を減らして、すっきり暮らす!

■物が少ない生活のヒント

物が少ない暮らしで一番大切なのは健康であること

いらないものはお金に変える

物が増えない趣味を持つ

■関連記事

一生モノの考えは捨てる。ライフスタイルの変化に身をまかせる暮らし。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

自分にとってちょうどいいストックの量を知る方法。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

私の断捨離失敗の傾向。好きなものは捨ててはいけない。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

スポンサーリンク