ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

実家の断捨離について思うこと。

<実家の片づけは手伝わない>

 皆さんのご実家はきれいに片付いていますか?

私の実家は、物がたくさんあふれかえっていて、2階部分はほぼ死んでいます。

一つの部屋は入るのも無理な状態^^;

最後にその状況を見たのは確か2年くらい前なので現在はどうなっているか分かりませんが、きっと変わっていないでしょう・・・。

いらないものを取っておいて部屋が使えないなんて、私には考えられませんが、住んでいる本人たちにとっては「すべて必要なもの」のようです。

 

そもそも、現在の家に引っ越す時に、「使っていないものは捨てた方がいいと」何度も言ったのですが、「もったいない。いつか使うから」と倉庫にたっぷり詰め込んであります。あれから10年以上たっていますが、倉庫に詰め込んだもので使ったものはあるのか疑問です。

 

若いときに買った服も大量にあるのですが、体形が変わってしまった今はもう着ることもないし、新しい服をどんどん買っているので、家じゅう服の山。いらなくなったのなら処分するなり、売るなりすればいいと思うのですが、もったいないと感じるようです。

 

たくさん物を持っていても、使っていないのならその方がもったいないと思うのですが、完全に違う感覚なので口出しはしなくなりました。昔の物に執着して、昔の思い出に執着する。昔の思い出の中に生きているんだろうなと、会うたびに思います。話していても、未来を感じられない。いつも口から出るのは思い出話ばかり。

 

いつか変わってくれるかなと、「すっきりした家のメリット」をいろいろ話してきましたが、聞き流されているようなのですっぱりとやめました。せっかく広い家に住んでいても、ほとんど物置のようなものですね^^;

 

いらないものはないと言っている人に、いくら断捨離したほうがいいよと言っても難しいですね・・・。

 

■自己紹介

自己紹介 - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

■物が少ない生活のヒント

物が少ない暮らしで一番大切なのは健康であること

いらないものはお金に変える

物が増えない趣味を持つ

 

■関連記事

好きなものが分からないと、いらないものが増えてしまう。「買い物して、処分する」のループから抜け出す考え方。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

私の断捨離失敗の傾向。好きなものは捨ててはいけない。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

断捨離を続けたことで、自分に必要な物が分かるようになりました。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

スポンサーリンク