ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

物を減らすと得られる3つのこと。

<物を減らして得られたもの>

物を減らしたことで、得られたものがあります。

 

それは、時間、心の余裕、自信です。

 

なんだか、イライラ・もやもやする。

人生をどうにか変えたい!

 

そう思っていた私が出会ったのが、断捨離でした。

 

物がありすぎて、必要なものがどこにあるか分からない。

必要なものを探すのに何時間もかかったり、何日もかかったり^^;

 

自分でも何を持っているのか、どこにしまってあるのかわからず、いつも「あれは、どこだっけ?」と探す日々。

 

もの探しにかけていた時間は本当に無駄だったなと思います。

物を減らした今は、自分が持っているものをほぼ把握できているし、何がどこにあるかも把握できています。

 

物探しする時間は無くなりました。

そして、手に入れたのは、「自分がやりたいことをやる時間」と「自信」です。

 

自分で自分が持っているものをきちんと把握できている、きちんと生活できているということで、自信を持てるようになりました。

 

クローゼットにパンパンに詰まった服や物。それを見るたびに、イライラ・もやもやしていました。

 

その時は、理由はよくわからなかったけれど、今ならなんとなく理由が分かります。

 

物をきちんと使いこなせていない自分、いらないものをため込んでいる自分、いらないものにお金を使ってしまった罪悪感。

 

そういったものに対して、いらいら・ もやもやしていたんだと思います。

 

物がたくさんあっても、きちんと管理して、きちんと使いこなせているなら、問題ないけれど、物を持っているだけで使わないという状態がイライラを呼びます。

 

物を減らして、すっきりと余白のあるクローゼットをみると、心もすっきり。

空間の余裕は、心の余裕につながります。

 

物をたくさん持っていて、なんだか落ち着かない、家が居心地が悪い。

そう感じるときは、物を減らしてみましょう!

 

まず、処分するのは、明らかに「ごみ」だと思うもの。完全に壊れて使えないもの、もう使うことがないものは迷わず、最初に捨てます。

 

いらないものを捨て始めると、どんどん勢いがついて、「これもいらない、あれもいらないと」判断できるようになっていくのです。

 

まずは、ずっと処分しようと思っていた壊れている物から捨ててみませんか?

 

関連記事

いらないものを増やさない基本。ゴミはすぐに捨てるということを守る。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

服の断捨離の基準。着心地の良くないものは迷いなく処分。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

普段履いている靴を断捨離。くたびれた靴を買い替えました! - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ