ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

服の断捨離の基準。着心地の良くないものは迷いなく処分。

<服の断捨離方法>

今は、夏は3セット、春秋冬は2セットの服を着まわしている私ですが、以前は大量の服がクローゼットにありました。

 

近くに激安衣料品店があったことも、お金がない私が服を増やす原因となっていました。仕事のストレスもすごくあったので、安い服をたくさん買うことでストレスを発散していたのだと思います。

 

あの時の私には、それくらいしかストレス発散をすることがありませんでした。

 

ストレスで胃が荒れていて、食べることでストレス発散もできないし、どこかに遊びに行くお金も時間もなかったし、靴下が30円で買えたり、服が一着100円で買えたりする激安店で買うことが唯一のストレス解消法でした^^;

 

そして、どんどん増える服たち。

 

ストレス発散のために買っていたので、たくさん買ってもその1割も服を活用できていませんでした。

 

クローゼットにたくさんある服を見て満足。見ているだけで十分というおかしな感覚でした・・・。

 

ある時、物を減らすことに目覚め、まず取り掛かったのが服の断捨離でした。

一回も着ていないものが多かったけれど、どれかを処分するとなると苦痛を伴います。

 

でも、着ないものを取っておくとクローゼットもパンパンで必要なものが取り出せないし、ストレス発散のために買った服たちを見るたびにつらい仕事を思い出すので、少しずつ処分しようと決めました。

 

一気に処分すると後悔が残りそうだったので、少しずつ。

 

服の断捨離をする時にまず処分しようと思ったのが、着心地悪いものです。

一度も着ていないものが多かったので、一度も着ていないものをすべて処分すると決めれば簡単ではあるけど、もしかしたら着てみたら着心地がいいかもしれないし、なんて思って最初は着心地の悪いものから処分しようと思いました。

 

着心地の悪いものであれば、取っていても自然と着なくなりますよね^^;

 

なので、一度も着ていなかった服を少しずつ着てみるということをしました。

一日着てみれば着心地が悪いかどうかわかりますよね。

 

着てみて着心地が悪かったものは迷わず処分。着心地が良かったものは取っておくという作業を始めたのでした。

 

この作業でだいぶ服も減り、クローゼットもすっきり!

 

その後は、残った服で一年着なかったものは処分する方法で、どんどん服が減っていきました。服がたくさんあっても、結局いつも着るものって同じものになってしまうんですよね^^;

 

私の場合、服を減らすのに2年はかかっていますが、時間をかけてよかったなと思います。一気に処分してしまうと後悔していたと思うので・・・。

 

服が多すぎたころは、着るものがない!なんて思っていましたが、服を減らすと着るもの自体が減るのでまったく迷うことがありません。

 

「服を一気に処分するのはちょっと・・・」という方は、着ていなかった服を着てみるようにして、着心地が悪ければ処分という方法がおすすめです。

 

時間はかかりますが、後悔しにくいと思いますよ^^

 

関連記事

普段履いている靴を断捨離。くたびれた靴を買い替えました! - 物を減らして、すっきり暮らす!

部屋着を断捨離。秋・冬用の部屋着はワンピースにして服の管理を楽ちんにする! - 物を減らして、すっきり暮らす!

履き心地の悪かった靴下を断捨離!セリアで履き心地のいい靴下をゲットしました。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ