ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

頭をすっきりさせるには自分を変えるのではなく部屋を変える!いらないものをため込まない部屋にする!

<人は環境によって変わる>

私がぼんやり考えていたことがまさに書いてある本に出会いました。

こちらの、「部屋を活かせば頭が良くなる 」です。

ざっくり内容をご説明すると、「部屋の状態は脳の状態を表していて、今なんだかもやもやしたり、人生がうまくいっていないのは、部屋が片付いていないから。整理整頓より、収納スペースに3割の余白を作ろう」ということが描かれています。

 

確かに、部屋が散らかっているとイライラしたり、もやもやしたりしますよね。

部屋に物が多いとどんどんストレスも溜めこんでいってしまいます。

 

前向きに、すっきりした気分で暮らす人は、部屋もすっきりしているのです。

 

新しいことを始めたり、もっとイキイキと生きていきたいと思うならば、自分の心の持ちようを変えるよりも、部屋をすっきりとした空間にする。

 

掃除についても、掃除が脳にいい理由が書かれています。

 

ホコリがたまったり、散らかった部屋では、ごみやほこりを見つけてしまうとそれが気になってなかなか他のことに集中できなかったりします。

 

私は、これがすごく心当たりがあります。

皆さんも心当たりないでしょうか?

 

試験勉強をしないといけないのに、散らかった部屋が気になって部屋の掃除を始めてしまったり、散らかった机の上にあった漫画を見つけて、読み始めてしまったり・・・。

 

これ、全部私のことです^^;

 

また、掃除や片づけをすることは脳を活性化する効果があるそうです。

確かに、片づけをしていると頭の中が整理されていく感覚はすごくわかります。掃除も脳の活性化になるのですね^^

 

悩みにくい脳やすっきりとした脳を作るには、部屋をすっきりとさせて、掃除も毎日少しずつやる。

これがいいみたいです。

 

掃除をしやすい部屋の作り方や、掃除の仕方、具体的な物の減らし方などが描かれていて、まさに私が求めていた情報がぎっしり詰まっています。

 

何気なく、ブックオフで片づけや掃除の本などを見ていたら、この本に出会いました。

ちょっと興奮気味でこの記事を書いています(笑)。

 

この本を読んでから、ますますいらないものを家に置きたくなくなり、さっそく、もう着ないだろうなと思う服や、キッチン回りの断捨離を行っています。

 

この本を読んでから、断捨離も掃除もどんどん頑張って、すっきりとした暮らしをしたいなと改めて思いました。

 

今、絶賛断捨離中です!

断捨離したものなどは少しずつご紹介していきたいなと思います^^

 

私の中で、ここ2年くらいで一番のヒット本!もっと早く出会いたかったです。

 

関連記事

私が自動的に物を減らせた理由。引っ越しが多かったので物が減っていきました。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

物をたくさん持っていても幸せを感じられなかった理由。ストレス解消のために買ったものはいらないものでした。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

7月に処分したもの。月に一回の断捨離ですっきり空間を保とう! - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ