ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

使っていないけれどどうしても捨てられないものは、無理に捨てなくていい。

<使っていないけれどどうしても捨てられないもの>

私は、使っていないものを見つけたら割とすぐに処分することが多いのですが、どうしてもずーっと捨てられないものがあります。

 

それは、資格試験受験のために買ってもらったテキストと、亡くなった父が使っていた手帳です。

 

資格試験受験のためのテキストは、自分で買うつもりだったのですが、「頑張るならお金出すよ」と言ってもらったので買ってもらいました。でも、これが失敗でした^^;

 

夫にお金を出してもらった分、「頑張らないと」とすごいプレッシャーで、極端な性格の私は頑張りすぎて、体調を崩すという最悪の結果に・・・。ものすごい高額なものではないんですけどね・・・。

 

体調を崩して以来、もうその勉強はしていないので、必要ないと言えば必要ないのですが、なんだか処分できずにいます。

 

たぶん、きちんと受験もできなかったし、中途半端な感じなのが心残りなのと、夫に買ってもらったものなので、気軽に処分できずにいます。

 

これが、自分で買ったものなら、たぶん受験をあきらめた時点で処分しているんですが^^;

 

もう一つ処分できないものは、父が亡くなる直前まで使っていた手帳です。手帳を見るたびに悲しい思い出がよみがえるので、本当はこういったものは処分してしまった方がいいと思うのですが、どうしても処分できません。

 

手帳を見るたびに、年若くして亡くなった父を思い出し、「もっと健康に気を付けて生活しようとか、悔いのない人生にしたい」とか自分を戒める機会になっています。

 

年月が経てば自然と処分できるかなと思っているのですが、9年経った今も処分できる気配がしません・・・。

 

そういったものは、無理に処分しないほうがいいですね。

 

考えてみると、処分できないものは家族がらみの物です。家族にかかわりのあるものは、処分が難しいですね。

 

いつか処分してもいいと思える日が来るかもしれないし、そのままずっと処分できないかもしれないけど、そういったものは大量にあるわけではないので、いいかなと思ってます。

 

「どうしても処分できない」というものがあるなら、無理に処分する必要はないと思います。

 

きっと、まだ処分するときではないのだと思います^^

 

関連記事

人生には限りがある。人生で大切にしたいことはシンプルに。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

雑誌は月に一度処分します。雑誌の内容を自分のものにしないともったいないです! - 物を減らして、すっきり暮らす!

捨てる方法が分からないものは、できるだけ買わない!買うときに捨て方を意識しよう! - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ