ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

暑い夏でもエアコンをなるべく使わない工夫。カーテンやシャッターを活用します!

<エアコンを使わない工夫>

暑い日が続いていますが、我が家ではまだエアコンはつけていません^^;

エアコンの風が苦手なので、どうにかしてエアコンなしで快適に過ごそうと工夫しています。

 

エアコンは使わず、扇風機2台を活用中です。どうしても暑くて無理!という日はエアコンつけます。熱中症は怖いですからね・・・。

 

今やっているのは、

1. 日中はカーテンを閉める(シャッターを閉めるとさらに効果あり)

2. 日中は風があっても窓を閉める

3. ベッドには冷たく感じるベッドパッドを敷く

 

日差しが家の中に入ってくると、すぐに部屋が暑くなってしまうので、日差しはカーテンでさえぎります。シャッターがある場合は、日中はシャッターを閉めてしまうと効果的です。

 

日中、日差しで部屋が温まらなければ、夜も快適に過ごせます^^

 

風がある日はついつい窓を開けたくなるのですが、風が熱風だと、家の中が温まるだけなので、窓はなるべく開けません。

 

夜は、寝苦しくならないようにベッドに涼しく感じるベッドパッドを敷いています。

こういうもの買ったことがなかったのですが、これを敷くだけで涼しく感じるならいいなと思って買ってみました。

 

さらっとしていて、眠りやすくなりましたよ^^

ジェルタイプと悩みましたが、寝ている間にジェルがもれてきたら嫌なので、ジェルが入っていないものにしました。

20150625132223

 

<涼しい地域に引越すのもあり>

 

私が以前住んでいた場所は、都心の熱い空気が流れてきてかなり暑い地域でした。

 

今住んでいる場所は、いつも風が吹いていて、前に住んでいた場所に比べるとかなり涼しい場所です。

 

暑いのが苦手、でもエアコンも苦手という方は、涼しい地域に引越してしまうのもいいと思います。

 

住む場所によって、生活の充実度は違ってくるので、「どうしても引越すことができない」という場合以外は、身軽に引越してみてもいいんじゃないでしょうか?

 

夏は北海道、冬は沖縄で暮らすという暮らしにあこがれます。

 

私の場合、冬の寒さはあまり苦ではないので、夏だけ涼しいところに逃避行したいです(笑)

 

関連記事

住む場所は重要!住んでいる街の雰囲気で自分の性格も変わっていく気がする。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

私の理想の暮らし。思い立ったらすぐ旅に出られるような暮らしがしたいです。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

もやもや・イライラするときはとにかく歩く。歩くと頭の中が整理されます。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

スポンサーリンク