読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

「少し鈍感なくらいが生きやすい。」と昔の自分に教えてあげたい。

<いつもイライラしていた20代>

今現在30代の私ですが、

20代のころは何かにつけてイライラしていました。

 

電車に割り込んで先に乗車しようとするおばさまにイライラ、

歩道を横並びに占領した歩く人たち、

「いらっしゃいませ」、「ありがとうございます」を言わないお店にイライラ^^;

 

あげればきりがありません。

金銭的にカツカツの暮らしをしていたのと、

職場のストレスが重なって、

とにかくイライラしてました。

 

イライラしても、状況が変わるわけではないんですけどね・・・

 

今思えば、あのころはお金を余計なものに使いすぎでした。

ストレスを物を買うことで発散していたけど、

そもそもお給料が少なかったので、

物を買ってストレス発散すると家計がカツカツでした。

 

物に執着しなくなった今となっては、

「どうしてあんなものを買ったんだろう?」というものがたくさんあります。

 

20代に「物を減らした生活」を知っていれば、

もっと心に余裕をもって暮らせただろうなと、ふと思ったりします。

 

 

<心に余裕をもって少し鈍感に暮らす>

 

最近は、物をあまり買わない生活をしていて、

何にお金を使うのか優先順位をつけるようになったので、

お金に余裕ができるようになりました。

 

そのおかげで、心にも余裕ができて、

まわりにも優しくできるようになった気がします。

 

お金の余裕だけではなく、物を減らす生活をしているので、

空間の余裕が生まれたことで、心に余裕ができたのだと思います。

 

そのため、

飲食店で、私より先に入ってきた人に先に食べ物が運ばれてきても、

狭い道を占領して歩いている人がいても、

あまり気にならなくなりました(笑)

 

前は、イライラしたり、嫌だなと思っていた状況も、

「そういうこともあるよね」という感じでスルーできるようになり、

いい意味で鈍感になったのかもしれません。

 

最近は、スーパー、飲食店、美容院などで少しぐらい変な対応をされてても、

気づいていません^^;

まわりに指摘されて、気づく感じです。

 

目くじら立てて、いつもイライラしているよりは、

「少しぐらい鈍感な方が精神的に楽だよ」と昔の自分に教えてあげたいです。

 

スポンサーリンク