ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

シンプルに生きるために。生きるのがつらくなったら、嫌なことは思い切って全部やめてみる。

<嫌なことはストレスのもと>

私はストレスに弱いと自覚しています^^;

なので、他の人から見れば「そんなことで?」ということでも、ストレスに感じてしまいます。

 

これまで、ストレスで体を壊したこと数知れず・・・

 

詳しくは書きませんが、

ストレスによる体調不良で仕事中に動けなくなったり、

ストレスがかかりすぎて胃が荒れて、ご飯が食べられなくなったり、

動けなくなって救急搬送されたり・・・

(その他イロイロ・・・)

 

自分でもなんでこんなに弱いんだろうと悲しくなりますが、

ここ数年で、これが自分の体だと割り切れるようになりました。

 

それまでは、

「なぜ、みんなができていることが自分はできないのか?」

ととても悩んで、人並みにいろいろやりたいと、

無理して頑張っていました。

 

でも、無理して嫌だなと感じることをしていると、

すぐ体に症状がでるし、

イヤイヤやっている仕事は非常に効率が悪かったなと思います。

 

そこで、

自分にストレスがかかりすぎることはやめることにしました。

仕事、人間関係、生活の中でストレスに感じることはなくしていこうと決めました。

 

そうじゃないと、体が使い物になりません^^;

他人から見れば、

確実に、「人生甘くみすぎ」とか、「わがまま」とか思われているでしょう。

 

でも、自分の体は自分で守るしかないのです。

会社に属したりすると、迷惑をかけることも多いので、

在宅で仕事をすることにしました。

 

 

<嫌なことをやめたらいいことが舞い込んでくる>

 

自分にとってストレスを感じる、嫌なことをやめたら、

体の状態がみるみるよくなっていきました。

 

嫌なことをやっている状態は、かなり無理をしている状態です。

ストレスに強い人は問題なく暮らせていけると思いますが、

ストレスに弱い人は、無理に嫌なことをしないほうがいいと思います。

 

「いやだな」と思うことは、早めにやめるようにすると、

辞めた後には、良いことが舞い込んでくることが多いです。

 

嫌だなと思っていた人間関係をやめたら、新しくいい人と出会えたり、

「ちょっとやだなー」と思っていた仕事の継続依頼を断ったら、

さらに条件のいい仕事が舞い込んできたり。

 

無理して頑張っているときは、

「いやだ」という負の感情に憑りつかれていて、視野が狭くなるので、

どんどん負の感情にはまっていっていた気がします。

 

 

<嫌なことをやめるまでにやること>

 

自分の気持ちをノートに書き出して整理します。

 

・どういうことが嫌だと思っているのか

・どんな仕事がしたいのか(具体的に、みんなでワイワイ仕事がしたい、一人で黙々と仕事がしたいなど)

・どんな状態なら幸せと感じることができるか

・理想の暮らし

 

自分が「やりたい暮らし」を具体的に書き出すことで、

「やりたいこと」だけをやる暮らしを実現していくことができます。

 

なんとなく嫌だからやめようだけでは、

また同じ状況を繰り返すことになるので、

自分の「やりたいこと」を明確にしましょう^^

 

嫌なことをやめると、心に余裕ができるので、

まわりの人にやさしくふるまえるようになりました。

昔は、かなりピリピリしてましたね^^;

  

関連記事

夢をかなえるシンプルな方法。ノートにやりたいことを書くだけで夢がかなう!? - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

スポンサーリンク