ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

自分にとって必要な物の見極め方。いらないものを手放すことを続ければ、必要なものが見えてきます!

<いらないものを手放す訓練をする>

一度所有したものを手放すことは苦しいものです。

 

何で買ってしまったのか、

結局使わなくてお金がもったいなった、

もらったけど使わない・・・

 

など、不要なものに対するマイナスイメージは日々膨らんでいきます。

 

そんな不要なものを抱え込んでいると、

不要なものを見るたびにもやもやして、

ストレスがたまっていきます。

 

いらないものを捨てよう!

と思っても、何から始めていいか分からないですよね。

 

いらないものを手放すことは最初は大変な作業ですが、

訓練をして慣れていけば、

簡単にできるようになっていきます。

 

私も、パンパンになったクローゼットを見るたびに、

何から手を付けていいか分かりませんでした。

 

でも、今やらないと、

何も変わることができない!

そう思って重い腰を上げました^^

 

一気にいろいろ処分しようとすると大変です。

少しずつ、少しずつものを手放していくことがポイントです。

 

いらないものを手放していくことを続けていると、

本当に自分にとって必要なものが残ります。

 

 

 

<いらないものの手放し方>

 

まずは、ごみ袋を片手に、クローゼットを開けて、

いらないもの、1年以上使っていないものを見つける練習をしてみます。

 

最初は、クローゼットの一部分だけ、

少しずつ範囲を広げていくと、無理なくできます^^

 

ごみ袋に入れるときは、

「捨てる方法」は、気にしないほうがいいと思います。

「捨て方」が分からないものは、

「まあ、いつか使うかも」なんて、

自分をだまして取っていてしまう可能性大です!!

(これ、私が経験済みです^^;)

 

そうなると、なかなか片付きません・・・

 

いらないものをごみ袋に入れたら、1週間くらいは処分せずに、

置いておき、その1週間の間に使わなければ、

処分して大丈夫。

 

たまに、

しばらくたって、

「あー、処分しなきゃよかったな」

と思うときもありますが^^;

その時は、レンタルなどできないものは潔く再度購入しています。

 

毎日少しずつでもいいし、

気分が乗れば、お休みの日に一気にやってしまうのでもいいと思います。

 

とにかく、続けましょう!!

 

いらないものを捨てて、

また同じようなものを買ってしまって、

また捨ててしまったとしても、

「あー、またいらないもの買っちゃったな」とちょっとだけ反省して、

どんどん処分することは続けましょう!

 

同じようなものを何回も処分してしまうのは、

もったいないことではありますが、

「物を減らしてすっきりと暮らしたい」という目標があるなら、

いらないものはどんどん処分してしまいましょう。

 

続けていれば、

買い物するときに、

「いらないものは買わない」という意識になっていきます。

 

いらないものの処分方法は、

捨てる、リサイクルショップに買い取ってもらう、欲しい人にあげる

などが、ありますよね。

 

私は、リサイクルショップで買い取ってもらうことが多いです。

 

自分に合ったやり方で、

いらないものを減らしてきましょう!!

 

スポンサーリンク