読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

私が考える断捨離をリバウンドしてしまう理由2つ。

最近、断捨離をリバウンドしてしまう理由は2つあるんじゃないかと思っています。

断捨離は失敗しながらうまくなる。失敗しながら、後悔しながらどんどんうまくなる。

断捨離に失敗はつきもの。 そもそも「これはいる・これはいらない」ということが日常からうまくできていれば、いらないものは増えていないはず。

断捨離で面倒なのは、いらないものを仕分ける作業ではなく実際に「捨てる」作業。

断捨離で面倒なことは、「捨てる」作業だと思います。

いらないモノと一緒に、ストレスも捨てよう!

いらないモノが家にあると、どんどんストレスがたまっていきます。

いらないものを減らすことで、自分の軸ができていく。

いらないものを減らすことで、自分の軸がしっかりしていきます。

断捨離を通して、私の人生は大きく変わりました。

物が少ないすっきりとした部屋で暮らすようになってから、私の人生は大きく変わりました。

断捨離のメリット。物を減らして一番よかったことはコレ。

断捨離をして、一番よかったなと思うこと。

冬服の断捨離祭り!まずは、冬に一度も着なかった服を断捨離。

久しぶりに断捨離してます。 生活用品はほとんど断捨離するものがなくて、壊れたら買い替えるという感じですが、服に関してはまだまだ納得できていないんですよね。

買い物の失敗。サーモマグは自分には合わなかったので、処分します。

サーモマグ処分します。

必要な時にすぐ取り出せないモノは、持っていないのと同じ。

<使いたいときに見つからなければ意味がない> もったいない、いつか使うからと取っておいたもの。 でも、いざ必要になったときにすぐ取り出せるでしょうか?

「あなたの不満、買い取ります!」。いらないモノはお金に変えましょう。

<不満買取サービス> すごく面白いサービスを発見しました。 不満を買い取ってくれるサービスがあるんです。

思い出はモノを持ち続けなくても思い出せる。9年間どうしても捨てられなかったものを処分しました。

<思い出はモノである必要はない> 見ると昔を思い出して懐かしいもの、 見ると昔を思い出して苦しくなるもの。

「いつか使うかも」と思ってなかなかモノが処分できない人への3つの質問。

<いつか使う日はやってくるのか?> 「いつか使うから捨てられない」。 そう思いはじめると、家にあるすべての物が必要なモノに思えてきます。

断捨離したほうがいいのはこんな人。断捨離がおすすめの3タイプ。

<こんな人は断捨離しましょう> ぜひぜひ、こんな人は断捨離をしたほうがいいと思う3タイプをご紹介します。

家族には「物が少ない暮らし」を強制していません。

<断捨離は自分のモノに集中する> 断捨離を進めていくと、家族の物も気になってきますよね。 この本読んでいないなら売ればいいのにとか、こんなに服持ってても場所とるだけなのにと思ったり・・・。

物を減らして人生を変えたいなら、「知っている」だけで満足しない。私が物が少ない暮らしの参考にしている本や雑誌。

<行動してこそ意味がある> 物を減らしたら人生が変わりそう! そう思って、断捨離に関する本を読んだり、ミニマリストの本を読んだり、雑誌の「物を減らす特集」を読んだりして知識をどんどん増やしていく。

後悔しない物の捨て方。きちんと物と向き合ってから捨てる。

<いつ使うかをはっきりさせる> 物を捨ててしまったら、「捨てなければよかった」と後悔しそうだから断捨離が進まない。 そう思いますか?

本の断捨離。不要になった本をブックオフで買い取ってもらいました。

<いらなくなった本はリサイクルショップへ> 本はもう読まないなと思ったら、リサイクルショップに売るようにしています。 ある程度売ろうと思っている本がたまってきたので、先日ブックオフに行って買い取ってもらいました。

私が物を減らし始めた理由。ストレスいっぱいの人生を変えたくて物を減らし始めました。

<断捨離を始めたきっかけ> 私が物を減らし始めたのは、人生に行き詰っていた頃です。 仕事でストレスを抱えて精神状態も良くなかったし、体も悲鳴を上げていました。

断捨離を無理なく続けるためには、自分に合った方法を見つけることが重要です。

<いろいろな方法を試して自分に合ったものを見つける> 本、雑誌、テレビなどで、物を減らす方法はいろいろ紹介されています。 この本が人気だから自分でも物を減らせるはずとか、この人が人気だからこの人の言うことを真似すれば物を減らせるかもしれない…

断捨離を始める時に、最初に迷わず捨てる物。

<物を捨て始める時に最初に捨てるもの> クローゼットがギュウギュウ、家の中に物がいっぱい。 そんな状態を変えたくて断捨離を始めてみたいけれど、さて、何から捨てればいいのか?

物を捨てることに罪悪感を感じる人のための、物を減らす方法。

<次に使う人がいると思えば減らしやすい> いらないものを減らしたい。 でも、まだまだきれいだし捨ててしまうのは罪悪感がある。 もう使わないものだけど、処分するのはいけない気がする。

私が着ない服を大量に増やしてしまった理由。

<クローゼットに収まらない大量の服を持っていた過去> 数年前まで、クローゼットは服でパンパンでした。 むしろ、クローゼットにも収まりきれなくて、ベットの上に服が散乱していたり、袋に入れたままの服もあったりと、とにかく部屋中が服でいっぱい。

物を減らしてどんな生活がしたいですか?ものを減らして行きついた私がしたい暮らし。

<私がたどりついた理想の暮らし> 食事、ストレッチ、運動、睡眠。 どれも、基本的なことだけど、意外ときちんとやるのは難しい。

断捨離にゴールはあるのか?私の考える断捨離の「終わり」。

<断捨離の「終わり」とは?> 断捨離にゴールはあるのでしょうか? 私自身、現在はいったん自分の断捨離は終わったと思っています。 断捨離も終わりが見えてきた?!処分する生活から買い替える生活に。 - 物を減らして、すっきり暮らす! 断捨離を終えて、…

断捨離を終えて、残ったものを大事にする暮らし。

<厳選して残ったものを大事にする> 「 なぜそれを買って、なぜ捨てようと思ったのか」を考えるようになってから、我が家での断捨離は終了しました。

勢いで物を処分するとリバウンドする。断捨離でリバウンドしないコツ。

<勢いだけではいらないものはなくならない> 捨てても捨ててもまたいらないものが出てくる。 なぜ、いらないものはなくならないのか? そう思ったことはありますか?

物を減らして手に入れたのは、時間の余裕。物探しに時間を使ってしまうなら、物を減らそう!

<物を減らした暮らしのメリット> たくさんあった物を減らして手に入れたのは、時間の余裕です。 たくさんの物に囲まれていると、毎日、想像以上に時間に追われる生活になります。 それはなぜか?

一生モノの考えは捨てる。ライフスタイルの変化に身をまかせる暮らし。

<一生ものという呪縛> 「一生もの」の重圧はものすごいです。 一生ものだと思って買ったから、使わなきゃ。 高かったけど、一生ものだから。

靴の買い替え。スニーカーを処分してショートブーツを購入しました。

<スニーカーからブーツに買い替え> 履きつぶしたスニーカーを処分して、新たにブーツを購入しました。 このところ、靴の買い替えラッシュです^^; 同じ時期に買ったものなので、やはり同じ時期にダメになりますね。

実家の断捨離について思うこと。

<実家の片づけは手伝わない> 皆さんのご実家はきれいに片付いていますか? 私の実家は、物がたくさんあふれかえっていて、2階部分はほぼ死んでいます。 一つの部屋は入るのも無理な状態^^; 最後にその状況を見たのは確か2年くらい前なので現在はどうな…

私がこれまで捨てた粗大ごみリスト。サイズの大きなものの買い物は慎重に。

<これまで捨てた粗大ごみのリスト> これまで、結構たくさん粗大ごみを捨てました。 粗大ごみを捨てるのって大変ですよね。でも、使わなくなったものをとっておくと場所をとるし、物によっては害虫の巣になるので、いらなくなったら即処分がおすすめです。

「この引き出し何入ってたっけ?」と思う場所には、いらないものが入っている。

<思い出せないものは、いらないもの> 「この引き出し何が入ってるんだっけ?」と思いだせないなら、いらないものが入っている可能性大です! 中に何が入っているか思い出せないほど、その引出しをあけていなかったということは、普段使うようなものが入っ…

私の断捨離失敗の傾向。好きなものは捨ててはいけない。

<私の断捨離での失敗> いらないものを減らしてすっきり暮らしたい! そう思って始めた断捨離ですが、始めたたころはいろいろと失敗をしていました^^;

断捨離を続けたことで、自分に必要な物が分かるようになりました。

<断捨離の効果> 断捨離を始めてから、自分がどんなものが好きで、どんなものは使い勝手が悪いと感じるのか、はっきりとわかるようになりました。 昔は、物が家の中にあふれていても、「なぜ、これを買ってしまったのか」、「なぜ、これを使わなくなったの…

最初から完璧を求めていませんか?断捨離も練習が必要です。

<断捨離も練習することでうまくなる> 今までたくさん物を所有していた生活から、物が少ない生活に移行する、ということはそれまでの生活パターンを変えるということです。 それまで当たり前にしていたことを変えなければ、違う生活に変えることはできませ…

いらないものを捨てたいけどなかなか進まない!?そんな時は不用品を売ることで断捨離に勢いがつく。

<不用品をお金に変える> いらないものが家にたくさんあるから、すっきりさせたい! そう思っても、なかなかいらないものを処分する作業は進まないこともありますよね。 一旦勢いに乗ってしまえば、どんどん処分することができるのですが、勢いに乗るまでが…

断捨離に失敗はつきもの。失敗しながら、自分にとって本当に必要なものを見極めていきましょう。

<人は失敗しながら成長する> 「断捨離をして後悔しませんでしたか?」という質問をよく見かけます。 「断捨離 失敗」の検索ワードでこちらのブログにいらっしゃる方も多いです。

部屋をすっきりさせるには、掃除と断捨離どちらを先にやればいいのか考えてみました。

<掃除と断捨離、どちらが先?> 物があふれた部屋で暮らし、掃除も全くできていなかった私が、断捨離に成功。掃除も毎日できるようになりました。 そんな私が思うのは、物が少ない部屋と掃除で人生を変えることができるということ^^

捨てるものを集めたけれど、なかなか捨てられない。そんな時は、目につく場所、邪魔な場所に置いておく。

<捨てにくいものはわざと目につくところに置いておく> いらないものを捨てよう! そう決心して、どんどんごみ袋にいらないものを入れていく作業は勢いがつくとどんどん進んでいきます。

物を減らすと得られる3つのこと。

<物を減らして得られたもの> 物を減らしたことで、得られたものがあります。 それは、時間、心の余裕、自信です。

断捨離も終わりが見えてきた?!処分する生活から買い替える生活に。

<処分するものがなくなってきました> ここ4年ほど断捨離を続けてきましたが、最近は家の中をうろうろして「いらないもの探し」をしても断捨離するようなものが見つからなくなってきました^^;

物を減らして変わったこと。物を減らして人生をいい方向に変えていく。

<物を減らして変わったこと> 物を減らしたことで、人生がいい方に変わっているなと実感しています。 そんな私が、物を減らして実感した「変わったこと」をご紹介します。

計量スプーンを断捨離しました。目分量の料理でも十分です!

<計量スプーンを断捨離します> 最近、キッチン用品の見直しをしています。 一度、大規模なキッチン用品の断捨離をしていて、もう2年ほどキッチン用品の見直してしておらず、そのまま使っていたので、「本当にこれ使ってる?」と考えながら見直しをしていま…

服の断捨離の基準。着心地の良くないものは迷いなく処分。

<服の断捨離方法> 今は、夏は3セット、春秋冬は2セットの服を着まわしている私ですが、以前は大量の服がクローゼットにありました。 近くに激安衣料品店があったことも、お金がない私が服を増やす原因となっていました。仕事のストレスもすごくあったので…

大きな本棚は捨てました。大きい収納は物を増やす原因になります。

<大きな本棚は処分しました> 在宅で仕事を始めたころ、「本棚は絶対必要!」と特に何も考えず大きい本棚を買ってしまっていました。 仕事=本棚必要 というよくわからない方程式が自分の中で出来上がっていたようです。

捨てる方法が分からないものは、できるだけ買わない!買うときに捨て方を意識しよう!

<捨て方が分からないものは買うときに注意> 「これいらない、あれいらない」と選別するのはどんどんできるのですが、その選別した物を捨てる作業はかなり面倒だなと思ってしまいます。 やはり、断捨離で一番面倒なのは、ごみの分別です。

すっきり見える収納を考えていたら、家の物をすべて処分したくなりました。高まる断捨離熱!!

<見た目すっきりした部屋を目指していましたが・・・> ぱっと見たときにすっきりとした部屋を目指して、いろいろとすっきり見えるような収納をあれこれ考えていたのですが、今日、めんどくさくなりました・・・。

見た目をすっきりさせるために、カラフルなものから卒業。目につくものは無地にします!

<カラフルなものから卒業> 私はなぜかカラフルなものや柄物に惹かれる傾向があって、そういうものを買いがちです。カラフルな物ってちょっとしたアクセントになるので、好きなのですが、家の中でカラフルな物の割合が増えてしまうと、ちょっと落ち着かない…

履き心地の悪かった靴下を断捨離!セリアで履き心地のいい靴下をゲットしました。

<履き心地の悪い靴下は処分> 一年くらい履き心地が悪いと思いつつ、我慢して履いていた靴下を処分しました。 履き心地が悪いと、結局靴下を履くことすら面倒になり、最近はほとんど履いていなかったんですよね。